茨城・つくばの母子死傷ひき逃げ 被告に懲役3年6月判決 水戸地裁土浦支部

 茨城県つくば市の市道交差点で昨年10月、車で母子をはねて死傷させ、逃走したとして、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)と道交法違反(ひき逃げ)などの罪に問われたつくばみらい市紫峰ケ丘の電気工事業、鈴木賢一被告(34)の判決公判が15日、水戸地裁土浦支部で行われ、榊原敬裁判官は懲役3年6月(求刑懲役5年)を言い渡した。

 榊原裁判官は判決理由で「注意義務を怠った過失は大きく、幼い被害者の死など取り返しのつかない結果を生じさせた」と指摘し、「多数の違反歴があり、法規軽視の態度は明らか」と述べた。

 判決によると、鈴木被告は昨年10月20日午後6時35分ごろ、つくば市研究学園の市道交差点で、横断歩道を歩いて渡っていた和田まりさん(32)と息子の天馬ちゃん=当時(3)=を車ではねて逃走した。天馬ちゃんが死亡し、和田さんも頭などに重傷を負った。

  1. NHK鈴木奈穂子アナ「あさイチ」ドタバタハプニングを視聴者フォロー「これぞ神回」

  2. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」10月7日OA第5話あらすじ 参加した校外学習で舞(浅田芭路)がケガ、めぐみ(永作博美)は…

  3. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  4. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  5. 川口春奈主演「silent」Snow Man目黒蓮の迫真の演技に視聴者号泣「すごいドラマ」「毎週泣く自信ある」