袴田巌さんら再審の早期決定求める 東京高裁に申し入れ書提出

 昭和41年に清水市(現静岡市清水区)で一家4人が殺害された強盗殺人事件で死刑確定後、静岡地裁の再審開始決定を受けて釈放された袴田巌さん(82)が12日、東京高裁に再審開始の早期決定を求める申し入れ書を提出した。袴田さんに同行した姉の秀子さん(85)は申し入れ後、静岡市内で記者会見を開き、「(世論の後押しが得られるよう)なるべく東京などに巌を連れて行って行動させることが大事だと思っている」と話した。

 会見で弁護団は「袴田さんは死刑の恐怖にとらわれている。無罪判決が絶対に必要」として速やかに再審公判に移行し、無罪判決を下すよう高裁側に求めた。

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  3. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  4. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  5. NHK鈴木奈穂子アナ「あさイチ」ドタバタハプニングを視聴者フォロー「これぞ神回」