大谷、3回6失点で格下にKO 変わらぬ「ボールとマウンドへの対応が…」

3回に死球を与え天を仰ぐ大谷(リョウ薮下撮影) 
3回に死球を与え天を仰ぐ大谷(リョウ薮下撮影) 

 【テンピ(米アリゾナ州)9日(日本時間10日)=片岡将】エンゼルスの大谷翔平投手(23)は実戦3度目の登板となるメキシコ・リーグのティファナ・トロスとの練習試合に先発し、3回を6安打6失点、3四死球と炎上した。6三振を奪ったが、調整には遅れが心配される。

 昨季のメキシカンリーグ北地区で優勝したティファナは元大リーガーのホルヘ・カントゥ内野手(36)も所属しているが、3Aレベルのマイナー。格の違いを見せつけたい相手だった。

 しかし、1回に簡単に2死を取った後、左打者の3番マーティンに不用意な初球をとらえられた。151キロの真ん中の直球を軽々と右越えに運ばれるソロ本塁打を被弾した。

 2回にはカントゥに126キロのスライダーを打たれて左翼線二塁打のあと、8番のアポダカに右前適時打。さらに捕逸で二進され、1番グリーンに右前適時打を許してこの回2点を失った。

 3回は完全に乱れた。先頭打者に四球を与え、続く4番ハンガードの2球目は、投げた瞬間に「ああっ!!」と声を挙げるほどのすっぽ抜け。1回にも150キロをぶつけていたが、またしても背中に直撃させる死球。2死一、二塁からカントゥにスライダーを完璧にとらえられ、左中間を破る2点二塁打を浴び、8番アポダカには右前適時打でこの回3失点。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」