スキーブームから30年 おいしく進化「ゲレ食」

 このイベントを主催する長野県索道事業者協議会の担当者は、「30年前と比べ、ゆっくりと食事ができるようになりました。今度は『大人らしいゆとり』を楽しんでいただきたい」と話している。

 ■スキー人口、最盛期の5分の1

 バブル時代の象徴といわれたスキーブーム。「レジャー白書」(日本生産性本部)によると、スキー人口は平成5年に約1860万人に達した。バブル崩壊と、それに伴う若者のスキー離れなどによって減少に転じ、28年は雪不足も影響して約330万人にまで落ち込んだ。20年余りの間に5分の1以下に減っている。スノーボードを合わせても約580万人にとどまる。

 28年のスキーの年代別参加率を見ると女性は10代、20代が最も高かったが、男性は40代がトップだった。

  1. 残り4話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月27日OA第122話あらすじ 房子(原田美枝子)がやんばるにやってきた目的は…

  2. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  3. NHK朝ドラ「ちむどんどん」比嘉家で食堂オープン!?暢子(黒島結菜)の夢に視聴者の声は?

  4. 【虎のソナタ】井端さん、鳥谷さんが絶賛する現役一塁手は?

  5. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図