佐野岳、「陸王」に続くランナー役「また来たな、という感じ」 - イザ!

メインコンテンツ

佐野岳、「陸王」に続くランナー役「また来たな、という感じ」

映画「ふたつの昨日と僕の未来」の製作発表に参加した左から水樹奈々、相楽樹、佐野岳、大森研一監督=東京・平河町
映画「ふたつの昨日と僕の未来」の製作発表に参加した左から水樹奈々、相楽樹、佐野岳、大森研一監督=東京・平河町

 俳優、佐野岳(25)が6日、東京都内で行われた主演映画「ふたつの昨日と僕の未来」(大森研一監督、今秋以降公開)の製作発表にヒロイン役の相楽樹(22)らと出席した。

 同作は愛媛・新居浜市を舞台で、同市市制80周年を記念映画として製作。長距離ランナーとして五輪の候補選手になりながらも挫折し、市役所に勤務することになった青年(佐野)が現実世界と別世界を行き来しながら、自分の生き方を見つけていく姿を描く。今月中旬にクランクイン予定だ。

 佐野にとって、昨年10月期のTBS系「陸王」に続くランナー役。「また来たな、という感じ」とドヤ顔。学生時代はサッカーに打ち込んだという体育会系男子は、監督から過酷ロケを宣告されるも「体力には自信があるので、大丈夫です!」と力強かった。

 一方、ヒロイン役の相楽は、愛媛での撮影は初写真集「はじめてのスキ」(2010年)以来。「まさかここで、(この作品を)撮影できるのが不思議な気持ち。景色がたくさんあって、神秘的な所があると聞いている。そこで撮影できるのが楽しみです」と期待を膨らませた。

  1. 【池袋暴走事故公判詳報】(2)遺族の質問に飯塚被告「心苦しいが、過失はないものと思います」
  2. 【池袋暴走事故 被告人質問詳報】(3)自転車の母子「乳母車に見えた」「悲惨な事故、重く受け止める」
  3. 【池袋暴走事故 被告人質問詳報】(4)完「ペダル踏み間違えた記憶、一切ない」強い調子で否定
  4. 【池袋暴走事故公判詳報】(1)「妻と娘の名前言えますか」 遺族の被告人質問始まる