「利上げペース」「トランプ政策」「メンバー交代」、パウエル新議長、3つの課題

 また連邦政府の債務上限引き上げ問題も影を落とす。議会予算局(CBO)は31日、上限が引き上げられなければ3月前半にも資金が底をつき、債務不履行(デフォルト)となる恐れがあると警告した。金融市場を大きく揺るがすことになるため、パウエル氏には頭の痛い懸念材料だ。

 ■FRB内の変化

 パウエル新体制ではFOMCの投票権を持つメンバーの大幅な入れ替えが見込まれている。イエレン氏は理事も退任し、投票権を持つニューヨーク連銀のダドリー総裁も退任予定だ。そうした中、金融引き締めに前向きな「タカ派」が増える見通しが強まっている。

 また、物価動向の低迷を踏まえ、FRBの物価に関する政策目標を変更すべきだとの議論も活発になってきた。現行の「上昇率」に代わって「物価水準」を目標とすべきだとする意見が有力で、FRB執行部にも支持者がいる。パウエル氏は約40年ぶりにエコノミストでない議長となるが、ウォール街出身で実務にたけたパウエル氏の調整力が試される。

  1. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月6日OA第47話あらすじ 柏木(目黒蓮)は中間審査に無事合格、着陸にてこずった舞(福原遥)は…

  2. サッカー日本代表、試合前の勝負メシは「うなぎ」 専属シェフのツイッターが好評

  3. 野菜のプロ直伝「おでんの大根 一瞬で味を染み込ませる方法」に「いいね」続々「これ本当に一撃で味が染みる!」

  4. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  5. NHK「舞いあがれ!」サブタイ「別れ」は舞(福原遥)と柏木(目黒蓮)?朝ドラファン「水島学生?」「中澤学生かな?」