「利上げペース」「トランプ政策」「メンバー交代」、パウエル新議長、3つの課題

 FRB執行部内では勢いづく景気をにらみ、利上げを急ぐべきだとの声が出ている。一方、「物価が十分に上がる前に金融引き締めを急げば、物価上昇の勢いをそぐ」との懸念もあり、利上げペースをめぐってFRB内は割れている。パウエル氏は就任早々、難しい判断を迫られる。

 ■経済運営の不透明さ

 景気の先行きを読みにくくする要因が、トランプ政権の経済運営だ。昨年末に10年間で1兆5千億ドル(約163兆円)の大型減税を実現。さらに1月30日の一般教書演説では、投資規模1兆5千億ドルのインフラ整備計画が示された。

 労働需給が逼(ひっ)迫(ぱく)する中で実力以上の経済成長を目指せば、物価の急上昇など思わぬ結果をもたらす懸念が拭えない。

  1. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月6日OA第47話あらすじ 柏木(目黒蓮)は中間審査に無事合格、着陸にてこずった舞(福原遥)は…

  2. サッカー日本代表、試合前の勝負メシは「うなぎ」 専属シェフのツイッターが好評

  3. 野菜のプロ直伝「おでんの大根 一瞬で味を染み込ませる方法」に「いいね」続々「これ本当に一撃で味が染みる!」

  4. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  5. NHK「舞いあがれ!」サブタイ「別れ」は舞(福原遥)と柏木(目黒蓮)?朝ドラファン「水島学生?」「中澤学生かな?」