囲碁

プロ2年目の16歳・上野愛咲美二段が女流棋聖に

女流棋聖を奪取した上野愛咲美二段
女流棋聖を奪取した上野愛咲美二段

 囲碁の第21期女流棋聖戦三番勝負(日本棋院主催)第2局が29日に東京都千代田区で行われ、タイトル戦初挑戦の上野愛咲美(あさみ)二段(16)が253手までで、謝依旻(しぇい・いみん)女流棋聖(28)に黒番中押し勝ちし、2連勝で女流棋聖を奪取した。上野二段は、16歳3カ月の史上最年少で女流棋聖を獲得した。謝は女流棋聖6連覇(通算8期)はならず、女流本因坊の1冠に後退した。

 囲碁十段戦を主催している産経新聞社では、囲碁の魅力をより深くお伝えするコンテンツ作りのためアンケートを実施しています。ご回答いただいた方から抽選で20人の方にクオカード(1000円相当)が当たります。

 是非、ご回答ください。⇒アンケートはこちらから

  1. 安倍元首相に18万人超が「デジタル献花」

  2. 【虎のソナタ】井端さん、鳥谷さんが絶賛する現役一塁手は?

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  5. 残り3話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月28日OA第123話あらすじ 暢子(黒島結菜)の新店「やんばるちむどんどん」開店前日に思わぬ事件が…