別荘地・スキー場周辺を制限区域に 長野県が民泊条例骨子案を決定

民泊事業の制限区域などを定めた条例骨子案について説明が行われた県の検討会=17日、県庁庁
民泊事業の制限区域などを定めた条例骨子案について説明が行われた県の検討会=17日、県庁庁

 一般住宅に旅行者を有料で宿泊させる「民泊」を認めた住宅宿泊事業法(民泊新法)が6月に施行されるのを控え、長野県は17日、宿泊や観光の関係団体などでつくる検討会を開き、民泊営業を制限する区域や、事業者に課せられる責務などを盛り込んだ条例骨子案を説明した。制限区域としては、同法に基づき、学校周辺や住居専用地域を明記。このほか、県内事情を踏まえ、別荘地とスキー場周辺を加え、独自色を出したのが最大の特徴だ。条例案は2月定例県議会に提出し可決・成立を目指す。

 骨子案によると、民泊営業の規制対象となる区域は(1)学校や学校に準じる施設から約100メートル(2)都市計画法による用途制限がある住居専用地域(3)道路事情で生活環境の悪化が懸念される地域-と明記。規制措置をとるのは、児童・生徒の登校日や平日などと定めた。

 学校に準じる施設としては、図書館や児童館などの社会教育施設、住居専用地域に準じる地域は別荘地などを挙げた。道路事情の悪化が懸念される地域には、冬季のスキー場周辺や社会福祉施設を例示した。一時的に規制を緩和する際は、市町村の意見を尊重すべきとの方針も示した。

 民泊営業をめぐっては、軽井沢町や白馬村が別荘地や既存の宿泊施設にとって、経営環境への影響が懸念されるなどとして、自治体全域や通年での規制を求めている。だが、県健康福祉部や観光部は「民泊新法の趣旨や国の方針に反するため、規制は困難」と説明している。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. ロシア大敗、反攻猛進撃のワケ ウクライナが東部要衝奪還、東京なら1・4倍の広さ 「プーチン大統領は四面楚歌状態」渡部氏

  4. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳

  5. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害