野口五郎の意外な商才 「テイクアウトライブカード」を考案し特許取得、ドリカムのツアーで1万枚

歌も才能、ギターも才能、商売も才能です
歌も才能、ギターも才能、商売も才能です

 QRコードをスマホで読み取ると、コンサートなどのライブ映像をイベント終了後に視聴できる「テイクアウトライブカード」をご存じか。「DREAMS COME TRUE」の全国ツアーでは今回から発売され、好調な売れ行きをみせているという。そして、その仕掛け人が野口五郎(61)だというから驚きだ。

 ドリカムのライブでは今回のツアーから、カードを1500円(税込み)で発売している。カードに刷られたQRコードをスマホで読み取ると、ステージ映像や開演直前の様子を見ることができ、ライブの余韻を終了直後から、すぐに楽しめるというシロモノだ。

 15日の「女性自身」(ウェブ版)は、昨年10月のツアー開幕から現在までの18公演で1万枚以上を売り上げていると報じている。単純計算で1500万円の売り上げになるわけだ。

 「このサービスを考え出したのは、歌手の野口五郎さんなんです」とベテランの芸能ライター。「野口さんがライブを持ち帰るという発想から自ら考案し、基本となる特許も2011年に取得。カラオケ配信やゲーム製作を手がける企業と提携して、13年からは実用化に至っています。自身のコンサートでもカードを配布したこともあります」と続ける。

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月3日OA第86話あらすじ 舞(福原遥)が同期の水島(佐野弘樹)&吉田(醍醐虎汰朗)と再会

  2. 「DAIGOも台所」娘の好きな“総菜”に視聴者ツッコミ!妻・北川景子にも「褒め上手」の声

  3. 木の実ナナは泣き崩れ…小川知子は「心臓がドキドキ」 芸能界から悲しみの声

  4. 石川佳純、モデルのような写真に「美しすぎる」と海外からも反応

  5. 「韓国は民主国家として未熟」親日・韓国人ユーチューバー激白! 留学中に反日洗脳から解放、「『韓国の歴史教育はウソだった』と確信した」