MLB

イチロー、来季はメキシコ!? ペリコス・デ・プエブラが獲得検討

メキシカンリーグの球団がイチローに興味!? 中米から驚きの報道だ
メキシカンリーグの球団がイチローに興味!? 中米から驚きの報道だ

 メキシコのプロ野球チーム、ペリコス・デ・プエブラ(英名プエブラ・パロッツ)が米大リーグ・マーリンズからフリーエージェント(FA)となったイチロー外野手(44)の獲得に乗り出していることが30日、分かった。地元紙の「エル・ソル・デ・プエブラ」(電子版)が報じた。来季45歳でもいまなお健在な打撃、守備力を、このオフの補強の目玉と位置づけている。

 イチローは来年、メキシコでプレーしているかもしれない。同国のペリコス・デ・プエブラが興味を示していることが、明らかになった。

 28日付の地元紙「エル・ソル・デ・プエブラ」(電子版)が「イチロー・スズキが2018年のペリコスにとってメガ爆弾となる」と題して記事を掲載した。それによれば、今季南地区2位だったチームは、補強の目玉としてイチローをリストアップ。ホワイトソックスやマーリンズで監督を務めたオジー・ギーエン氏(53)がペリコスの相談役を務めており、同氏を通じて交渉に乗り出しているという。

 同紙は「イチローは44歳だが、彼のスピードと知性はメキシカンリーグの競争力を高める」と豊富なキャリアを評価。「メキシコ球界で長年語り継がれる一大事になるだろう」と期待は高まるばかりだ。同時に「ペリコスで成績を残せば、シーズン中にメジャー復帰のチャンスもある」としている。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」