「けものフレンズ」監督の降板が確定 ヤオヨロズ取締役「寂しく思います」

 大ブームを巻き起こしたアニメ「けものフレンズ」を手掛けた、たつき監督の降板騒動について、アニメ制作会社ヤオヨロズの取締役、福原慶匡氏が27日、自身のツイッターを更新。降板の決定は覆らなかったと発表した。

 たつき監督は9月25日、ツイッターに「突然ですが、けものフレンズのアニメから外れる事になりました。ざっくりカドカワさん方面よりのお達しみたいです。すみません、僕もとても残念です」と投稿し、アニメファンの間で騒ぎになっていた。10月3日には事態を重く見たKADOKAWA代表取締役専務執行役員の井上伸一郎氏が、収拾に向けてヤオヨロズと話し合いを行う旨をツイートしていた。

 福原氏は「今回はお騒がせをしまして誠に申し訳ございませんでした、皆様を不安にさせてしまった事をお詫び致します」と、作品のファンに謝罪。「最終的な報告になりますが、2期を外れる事に関しては覆りませんでした」とつづった。

 続けて、「私としては突然の通達で、何に対して不満を持たれていたのか要領を得ず困惑していたと言うのが正直な所です」と心中を明かした。

 アニメ「けものフレンズ」の製作委員会側は、監督および制作会社の解任理由として「アニメーション制作を担当していただきましたヤオヨロズ株式会社には、関係各所への情報共有や連絡がないままでの作品利用がありました」と見解を発表しており、ファンの間でも議論を呼んでいた。福原氏は例を挙げながら許諾を得た上で行っていたと反論しつつ、「疑義の対象になった事、一部はけものフレンズ公式でも触れていただけなかった事をとても寂しく思います」と悔しさを表した。

 「今回井上専務には大変真摯に対応頂き、迅速な調査と調整にとても感謝しています」と感謝し、「最後にファンの皆様、制作中のご声援ありがとうございました。この様な残念な報告となり申し訳ありません。短い間でしたがご一緒できたことを誇りに思います」と記した。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. ロシア大敗、反攻猛進撃のワケ ウクライナが東部要衝奪還、東京なら1・4倍の広さ 「プーチン大統領は四面楚歌状態」渡部氏

  4. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  5. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳