米メディアが熱狂!大谷の入団会見、ファンの笑い誘った内容に「魅力的」

 【アナハイム(米カリフォルニア州)9日(日本時間10日)】ポスティングシステムで米大リーグ、エンゼルス移籍を決めた大谷翔平投手(23)が、本拠地・エンゼルスタジアム正面に設けられた屋外ステージで入団記者会見に臨んだ。

 大谷の入団会見を米メディアも大々的に報じた。会見から一夜明け、地元紙ロサンゼルス・タイムズは、ジョークでファンの笑いを誘った内容を「魅力的」と評価。25歳未満の海外選手の獲得に伴う契約金制限から、1年目の年俸がメジャー最低保障額の54万5000ドル(約6100万円)になる見込みであることを紹介し「誇り高き契約」などと伝えた。

 同紙のペドロ・モーラ記者は、大谷が愛称を募集しているとツイッターに投稿。「Shogun」「Sho Time」など名前の「SHOHEI」から取ったものや、投打のスター(アロルディス・チャプマン&スタントン)を合体させた「アロルディス・スタントン」などの案がファンから届いた。

 オレンジ・カウンティー・レジスター紙(電子版)は「太平洋の両側(日米)でテレビを見ているファンの前に、赤いユニホームを着て立った」としたが、二刀流には「日本のベーブ・ルースは大リーグで、どう投打で成功するのだろう」と懐疑的。FOXスポーツ(同)は「イチローや松井秀喜のように、一挙手一投足が伝えられる。自信に満ちた振る舞いから判断すると、大谷は無敵に見える」と伝えた。

  1. 【列島エイリアンズ】中国系裏風俗編(2) 福建省出身、人気女優似の美女が出てきた ベニヤ板越しに聞こえる男女の息遣い

  2. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  3. 「ちむどんどん」善一が比嘉家を見放さなかった理由が判明?「スッキリ」と納得 一方「一気に冷める」と落胆の声も

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」