MLB

エンゼルス入団の大谷翔平会見 「縁を感じた」 ルースは「神様のような存在、近づきたい」

【MLB】エンゼルス入団の大谷翔平会見 「縁を感じた」 ルースは「神様のような存在、近づきたい」
【MLB】エンゼルス入団の大谷翔平会見 「縁を感じた」 ルースは「神様のような存在、近づきたい」
その他の写真を見る (1/5枚)

 【アナハイム(米カリフォルニア州)=住井亨介】プロ野球日本ハムで投打の「二刀流」で活躍し、ポスティングシステムで米大リーグ・エンゼルスに移籍する大谷翔平選手(23)が9日、ロサンゼルス近郊のアナハイムにある球団の本拠地「エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム」でファンを前に記者会見し、「まだまだ完成されていない選手で、みなさんの応援で完成させてほしい。今日がスタートラインだ」と抱負を語った。

 日米のメディア約250人、ファン1000人以上が詰めかける中、球団オーナーのアルトゥール・モレノ氏から背番号17の赤いユニホームに着せてもらった大谷選手は、「いろいろな方に支えられてここまで来た。エンゼルスとの縁を感じ、お願いしようと決めた」と話した。二刀流については「ファン、球団の方々とつくっていくものだと思っている」とし、「最高なのは一緒の試合で(投打)ともにできること」と意欲を見せた。

 和製ベーブ・ルースと呼ばれることに、「光栄なこと。神様のような存在で、少しずつ近づいていきたい」と語った。

 また、チームの主力でこの日が結婚式当日だったマイク・トラウト選手の名前を出し、背番号について「(マイク・トラウト選手の)27番にしたいと思ったが、埋まっていたので17番にした」と会場の笑いを誘う場面もあった。

  1. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 猛烈なかゆみ、網戸すり抜ける「スケベ虫」被害増加

  4. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  5. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」