ヘロインなど密輸疑いで東北大の留学生逮捕 宮城

 麻薬を密輸したとして、県警銃器薬物対策課などは6日、麻薬取締法違反(輸入)の疑いでオーストラリア国籍の東北大留学生、クロトフィル・カラム・ニコラス容疑者(20)=宮城県仙台市青葉区=を逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は平成29年10月29日、ヘロイン0・98グラム(約3万円相当)と合成麻薬MDMA6・99グラム(2万8千円相当)の入った郵便物を、自分宛ての国際郵便で海外から大学寮の部屋に発送させたとしている。ニコラス容疑者の部屋から薬物のようなものを押収。鑑定を進めるとともに、動機や入手ルートを調べている。

  1. 「子どもに就いてほしくないなあ」と感じる職業、1位は?

  2. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  3. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」11月29日OA第42話あらすじ 舞(福原遥)が初フライトへ!大河内(吉川晃司)が一番手に指名

  4. 吉田麻也「一番起きてはならないことが起きてしまった」 不用意パスから後半36分、悪夢の失点

  5. 【新・親も知らない今どき入試】5大商社に強い大学ランク 独走の慶大、情報化社会で理系人材を求められる東工大