安室奈美恵、引退の胸中初告白…「やり尽くして、燃え尽きていた」

 9月の電撃発表から2カ月。安室が引退について初めて口を開いた。

 突然の引退表明について「理由はいろいろあり過ぎて深すぎて」としつつ、デビュー当時から引退が頭にあったと明かし「一生、続ける仕事じゃないなと思った。始まりがあれば終わりがあると思っていた」と回顧。一方で「引退のときには絶対に大きな会場で引退コンサートをするんだと大きな夢を持っていた」という。

 最初に引退の文字が頭に浮かんだのは20代後半。「手探りでいろいろ悩んだ。でも(引退を)相談できないのが一番の大きな悩み」と苦悩を語るも、大きな会場でコンサートを行う夢をかなえていないと踏みとどまったことも明かした。

 真剣に引退を決意したのはデビュー20周年の2012年。5大ドームツアーを実現させ、「マネジャーさんにドームツアーが終わったら引退という話はさせていただいていた。すべてをやり尽くして、燃え尽きていた」と素直な思いを吐露。だが、結局、引退に踏み切れず、次のタイミングを25周年に定めて、16年から今年にかけてファンへ感謝を伝えるために、自身最大の40都市100公演にも及ぶ全国ツアーを行ったという。

  1. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月17日OA第93話あらすじ ビタミン剤を売るビジネスに賢秀(竜星涼)は疑問を抱き…

  2. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月16日OA第92話あらすじ 独立に向けて課題が山積みの暢子(黒島結菜)、賢秀(竜星涼)は我那覇と再会し…

  3. NHK朝ドラ「ちむどんどん」賢秀(竜星涼)がねずみ講に…優子(仲間由紀恵)巻き込む展開に視聴者悲鳴、和彦(宮沢氷魚)には「教えてあげないと!」の声

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害