日本株、今月は負け知らず 海外勢中心に根強い先高観

日経平均が21年ぶりに2万1000円台。本日の終値=13日午後、大阪市中央区(前川純一郎撮影)
日経平均が21年ぶりに2万1000円台。本日の終値=13日午後、大阪市中央区(前川純一郎撮影)

 13日に日経平均株価が約21年ぶりに2万1千円を超えた。背景には、海外投資家を中心に日本株の先高観が根強いことがある。

 平均株価は、北朝鮮情勢の緊迫化などが懸念された9月8日(終値は1万9274円82銭)を底に、直近の23営業日のうち18営業日で上昇。10月に入ってからは負け知らずだ。11日に安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」のもとでの高値を更新して約20年10カ月ぶりの水準をつけた後も強さを発揮している。

 報道各社が伝えた衆院選序盤の情勢分析は与党が優勢で、アベノミクス継続との見方から資金が日本株に流入。今月下旬から発表が相次ぐ上場企業の平成29年9月中間決算が良好に着地するとの期待感もある。

 13日の平均株価は午前に2万1千円台に乗せた後、午後に入って急騰。岡三証券の小川佳紀シニアストラテジストは「想定以上に相場が強いのを受け、株式を売っていた投資家の買い戻しが膨らんだ」と語る。

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  3. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  4. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  5. NHK鈴木奈穂子アナ「あさイチ」ドタバタハプニングを視聴者フォロー「これぞ神回」