東証続伸、取引時間中で約21年ぶりの高値

前日よりも高値を更新した、日経平均株価を示すボード=12日午前、東京都中央区(宮崎瑞穂撮影)
前日よりも高値を更新した、日経平均株価を示すボード=12日午前、東京都中央区(宮崎瑞穂撮影)

 12日の東京株式市場で日経平均株価は続伸して始まった。一時2万0953円を超え、取引時間中として平成8年12月以来、約21年ぶりの高値をつけた。11日には終値ベースで約21年ぶりの高値となっていた。

 平均株価の始値は前日比76円91銭高の2万0958円18銭。前日の米国株式市場で、ダウ工業株30種平均など主要3指数がそろって最高値を更新した流れを引き継いだ。平均株価は前日まで7営業日連続で上昇しており、過熱感も出ている。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」ハワイで成功、3児の母…金吾(渡辺大知)と早苗(高田夏帆)の近況に視聴者興味津々も「賢吉は?」

  2. 残り2話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月29日OA第124話あらすじ 歌子(上白石萌歌)の体調に異変が…

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 立民・辻元氏は「ブーメランのプロ」 旧統一教会関連団体の勉強会参加、維新・馬場氏が苦言 国葬当日、党の公表に「卑劣なやり方」政治学者

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗