主張

日中正常化45年 共産党支配の隣国 基本的価値観、日本と共有できぬ 軍事力と経済力で拡張主義

 日本と中国の国交正常化から45年を迎えた。中国とはどんな存在なのか。改めて見極めながら、引っ越すことのできない隣国と辛抱強く付き合う方法を考える機会としたい。

 安倍晋三首相は、国交正常化45年の記念レセプションで、日中の「戦略的互恵関係」を訴え、来年を念頭に両国首脳の相互訪問実現を呼びかけた。

 首脳外交の展開は望ましい。だが、日中関係はそれで一気に好転するほど容易なものではない。互恵関係は、国益の原則を踏まえたものでなくてはならない。

 ≪「最大の脅威」となった≫

 中国の程永華駐日大使が日本記者クラブでの会見で、日本には「古い冷戦思考」が存在していると指摘し、「常に中国をどう牽制(けんせい)し、どう防ぎ止めるかを考えている」と批判した。

 根本的な誤りか、日本を悪者にするための方便でしかない。

 19世紀の帝国主義顔負けの拡張主義に走っているのが、今の中国である。いまなお共産党が支配している。そういう国であることを見失ってはならない。

 その本質は、自由や民主主義、法の支配、人権といった基本的な価値観を、日本との間で共有できないということだ。

 中国は2010年に世界第2位の経済大国となった。昨年の国内総生産(GDP)は11兆ドル超で日本の約2倍となった。経済関係の重要性は言うをまたない。

  1. 赤楚衛二の「ふと、僕の下の名前がセイジだったら…」にファン爆笑「仕事中に笑わせないで」「座布団2枚w」

  2. 1月29日放送NHK大河「どうする家康」第4話あらすじ 信長(岡田准一)から驚くべき条件を提示される元康(松本潤)

  3. 石川佳純、モデルのような写真に「美しすぎる」と海外からも反応

  4. 1月30日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第18週あらすじ 貴司(赤楚衛二)の受賞を祝う会で悠人(横山裕)は…

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

twitterプレゼントキャンペーン

twitterプレゼントキャンペーン