ポトマック通信

自分の権力のため刺客を送ったスターリンと「北」の指導者に戦慄する

 建物の周囲にめぐらされた要塞を思わせる高塀はメキシコ中部を襲ったマグニチュード(M)7・1の地震でもびくともしなかった。メキシコ市にあるトロツキー博物館で受付の女性に聞くと、「何も問題なかったわよ」と笑った。

 ロシア革命の指導者の一人、トロツキー(1879〜1940年)が晩年の1年間を過ごした家がそのまま博物館になっている。ソ連から国外追放された後、各国を流浪した末にメキシコにたどりついていたトロツキーを暗殺したのは、政敵の粛清を続けるスターリンが放った刺客とされる。高塀はその3カ月前にあった銃撃を受けて設けられた。

 トロツキーの頭にピッケルが振り下ろされた書斎も残されている。穏やかな光が注ぎ込む部屋と暗殺の凄惨(せいさん)さがどうしても結び付かない。地震で生き埋めになったとされた架空の少女の「フリーダ」という名も、トロツキーが不倫関係にあったメキシコを代表する画家フリーダ・カーロから取られたのではないかと勝手に想像した。

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の兄、正男(ジョンナム)氏の暗殺を例に引くまでもなく、自らの権力のため手段を選ばない国家指導者は後を絶たない。震災取材を終えてワシントンに帰る前のひととき、地球の裏側まで刺客を送る独裁者の残虐さに思いをはせた。(加納宏幸)

  1. 1月30日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第18週あらすじ 貴司(赤楚衛二)の受賞を祝う会で悠人(横山裕)は…

  2. 石川佳純、モデルのような写真に「美しすぎる」と海外からも反応

  3. 1月29日放送NHK大河「どうする家康」第4話あらすじ 信長(岡田准一)から驚くべき条件を提示される元康(松本潤)

  4. 赤楚衛二の「ふと、僕の下の名前がセイジだったら…」にファン爆笑「仕事中に笑わせないで」「座布団2枚w」

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

twitterプレゼントキャンペーン

twitterプレゼントキャンペーン