東京円は111円台後半 東証2万335円 北朝鮮リスクを嫌気

 26日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=111円台後半で取引が始まった。

 午前9時現在は、前日比51銭円高ドル安の1ドル=111円72〜74銭。ユーロは1円19銭円高ユーロ安の1ユーロ=132円47〜51銭。

 北朝鮮と米国の間で政情不安が強まったことを嫌気し、比較的安全とされる円を買ってドルを売る動きが海外市場で優勢となった。東京市場もこの流れを引き継いだ。

 リスク回避の流れを受け、東京株式市場の日経平均株価は反落。始値は、前日比48円32銭安の2万349円26銭。午前10時20分現在は、やや下げ幅を広げ、61円61銭安の2万335円97銭。

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  3. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  4. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  5. NHK鈴木奈穂子アナ「あさイチ」ドタバタハプニングを視聴者フォロー「これぞ神回」