プロ野球

広島、37年ぶりリーグ2連覇 甲子園を真っ赤に染めたファン 緒方監督、歓喜の胴上げ

8回、タイムリーを放つ広島・バティスタ=甲子園球場
8回、タイムリーを放つ広島・バティスタ=甲子園球場

 プロ野球セ・リーグで優勝へのマジックナンバーを「1」としていた広島が18日、兵庫県西宮市の甲子園球場で、2位の阪神に3-2で勝利し、2年連続8度目の優勝を決めた。

 甲子園には広島の優勝を見届けようと、大勢のファンが訪れ、三塁側スタンドを埋め尽くした。広島は4回表まで2点リードしたが、阪神の追撃にあい、2-2の同点に。しかし、8回のチャンスで5番バティスタが逆転の適時打を放ち、試合を決めた。

 広島は平成3年を最後に両リーグを通じて最も優勝から遠ざかり、10年から15年連続Bクラスと低迷していたが、昨季25年ぶりに優勝。今季の優勝により、古葉竹識(こばたけし)監督が率いた昭和54、55年以来、37年ぶりとなるセ・リーグ連覇を果たした。

 緒方孝市監督(48)が就任して3年目の今季は投打がかみ合い、41試合(17日現在)で逆転勝利。球団史上最速となる8月8日にマジックナンバー「33」を初点灯させていた。

 日本シリーズ(10月28日、パ・リーグ出場チーム本拠地で開幕)進出を争うクライマックスシリーズには10月18日に始まるファイナルステージから出場し、日本一への挑戦が始まる。

  1. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  2. 命乞いの女性をメッタ刺し 「1人殺害」で死刑、残虐殺人の真相

  3. 小室さん母親の元婚約者がコメント、トラブル「早く解決したい」

  4. 20年前の主婦殺害で逮捕の男、事件後も福山市内で生活

  5. 秋篠宮ご夫妻、結婚のあいさつお受けに 小室さんから