産経抄

沖縄の「平和教育」で一体何を学んだのだろう 戦跡破壊の理由は肝試し 9月18日

 サンゴ礁が隆起してできた沖縄の島々には、ガマと呼ばれる鍾乳洞が数多く見られる。読谷(よみたん)村にあるチビチリガマもその一つだった。浅い谷の底にあり、流れ込む川の水の行き先が分からないことから、「チビチリ(尻切れ)」と名付けられた。

 ▼昭和20年4月1日、米軍が読谷村に上陸すると、住民の避難先となる。普段は憩いの場であるガマは、まもなく地獄に変わった。米軍に捕まるのを恐れた住民は、包丁で家族の首を切り、毒薬を注射して、80人以上が集団自決した。犠牲者の過半数が子供である。

 ▼あまりに悲惨な体験だったために、生存者や遺族は長く沈黙を守ってきた。実態が明らかになるのは、戦後38年が経過した58年である(『沖縄・チビチリガマの集団自決』下嶋哲朗著)。

 ▼現在は、全国から学生が平和学習のために訪れる。そのガマが荒らされた。入り口の看板は投げ捨てられ、修学旅行生が折った千羽鶴も引きちぎられていた。今も遺骨が残り、立ち入り禁止になっているガマの内部でも、遺品が割られていた。

 ▼チビチリガマでは、かつて入り口に立つ「世代を結ぶ平和の像」が、右翼団体の構成員によって破壊されたことがある。今回の事件も、政治的な意図が背景にある。沖縄の平和運動に対する反発だろう。地元の識者の見立てはどれも似通っていた。ところが、犯人は意外な人物だった。

 ▼器物損壊容疑で県警に逮捕されたのは、沖縄本島に住む16歳から19歳の少年である。「肝試しだった」「心霊スポットに行こうと思った」。少年たちは、現場を訪れた理由をこう語っている。オバケが出そうだから、スリルを楽しむために来た、というのだ。彼らは沖縄の「平和教育」で、一体何を学んできたのだろう。

  1. Wi-Fiルーターは暖房のついた部屋へ「知らんかった…」大寒波襲来を受けたバッファローの注意喚起が話題に

  2. NHK「舞いあがれ!」雪乃さん(くわばたりえ)の名言に朝ドラファン爆笑「冴えわたってんなぁw」「平安時代w」

  3. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」1月27日OA第81話あらすじ 飛行機部品の圧造に成功、笠巻(古舘寛治)は転造での秘策を匂わす

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 赤楚衛二の「ふと、僕の下の名前がセイジだったら…」にファン爆笑「仕事中に笑わせないで」「座布団2枚w」

twitterプレゼントキャンペーン

twitterプレゼントキャンペーン