産経抄

鳥取城での豊臣秀吉のようにはいかぬ 北朝鮮への兵糧攻めの難しさ 9月14日

 昨日は織田信長と明智光秀について書いた。本日は豊臣秀吉の登場である。秀吉は、敵方の城への兵糧攻めを得意としていた。食糧の補給路を断ち、敵の士気を奪って城を落とす。天正9(1581)年6月には、山陰の鳥取城を包囲した。

 ▼秀吉はすでに前年から商人を使って、米を買い占めていた。高値につられて城の備蓄米まで売り払われた。毛利氏から主将として派遣された吉川経家(きっかわ・つねいえ)が城に入ったとき、もはや戦える状態ではなかった。

 ▼北朝鮮に対する国連安全保障理事会の追加制裁は、まさに兵糧攻めである。北朝鮮による核実験の強行から、わずか1週間あまりというスピード採択は評価できる。ただ、米国が当初提案していた石油の全面禁輸は、中国とロシアの反対で見送られた。

 ▼こんな中途半端な制裁で効果が上がるのか、はなはだ疑問である。「米国にかつてない苦痛を与える」。相変わらず勇ましい北朝鮮は、今後も核・ミサイルの挑発に出てくるだろう。その度に制裁を強化するしかない。核攻撃の直接の脅威にさらされている日本は、本来主導する立場である。

  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. 2月6日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第19週あらすじ 悠人(横山裕)は音信不通、IWAKURAには報道陣が集まり…

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. NHK「舞いあがれ!」第19週、インサイダー疑惑の悠人(横山裕)「倒れた!」朝ドラファン悲鳴…貴司(赤楚衛二)を尋ね秋月史子(八木莉可子)登場

  5. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」久留美(山下美月)の破局に「別れて正解」「悠人と幸せになってください」