ブロックチェーンで安否確認 国内初のアプリ配信開始

 複数のサーバーを使うためネットワーク上の仮想通貨などの取引が遮断されにくい「ブロックチェーン」と呼ばれる技術の特長を応用した、災害時の安否確認用スマートフォンアプリが22日までに配信された。ブロックチェーンを応用した安否確認アプリは国内で初めてという。

 システム開発などを行う電縁(東京都品川区)が開発したアプリ「getherd(ギャザード)」は、iPhone(アイフォーン)とアンドロイドのスマホに対応。インターネット上で公開されている仮想通貨「ビットコイン」の取引のためのソフトウエアを、安否確認のメッセージをやり取りするためのものに改造した。

 既存の安否確認アプリは大災害の際、サーバーに大きな負荷がかかって使えなくなる恐れがある。ギャザードは特定のサーバーに負荷がかからないため、こうした事態の発生を抑えられるという。

  1. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  2. 〝忘恩の国〟韓国に尋常でない米国の怒り、国営放送で政権の本音が 「対露制裁」は口だけ、国民にウソがバレそうになり慌てた文政権

  3. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 【日米首脳会談】裕子首相夫人が外交デビュー 伝えた「日本の美」