女子の兵法・小池百合子

「退職後の皆さんが、ずっと肩書付きの名刺を持てる環境作りをしたい」

 東京都は、昨年策定した2020年に向けた「実行プラン」に基づき、私の掲げる「セーフシティー」「ダイバーシティー」「スマートシティー」という3つのシティー実現に向けた政策を展開しているが、これらをさらにブラッシュアップしていく。7月21日に発表した重点政策方針2017「人が生きる、人が輝く東京へ」は、その一環だ。

 待機児童解消に向けて、昨年打ち出した7万人の定員を増やすプランに加え、今回の重点政策方針は、保育施設でも特色のあるプログラムを取り入れていくことを盛り込んだ。「量」だけでなく、「質」の充実も図っていくのがポイントである。

 また、高齢者福祉施設と保育所との「一体型」施設も重要だ。世代を超えた交流の場をつくり、子供の成長を温かく見守るとともに、大先輩たちが知恵と経験を伝授していく。

 そこにひとつの「コミュニティー」が生まれ、地域のつながりが深まり、お互いに助け合っていく精神がより育まれていけば、東京のマンパワーはこれまで以上に発揮されるのではないか。「人に優しい首都」を目指した重点政策方針は、新たな発想を採り入れていく挑戦でもある。

 私が2年目に力を入れていきたいのは、超高齢化への対応だ。2025年には首都・東京も人口が減少に転じ、団塊の世代の皆さんが、どっと後期高齢者入りされることになる。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」青柳家の女中、波子の「披露宴」発言にネット「言うねえ(笑)」「ナイスツッコミ」と大ウケ

  2. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月12日OA第90話あらすじ 暢子(黒島結菜)と和彦(宮沢氷魚)の披露宴、賢秀(竜星涼)の出席が危うくなり…

  3. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月11日OA第89話あらすじ ついに暢子(黒島結菜)と和彦(宮沢氷魚)の披露宴開催!ゲストが一堂に会し…

  4. ダルビッシュ、大谷を絶賛「本当にすごいなとしか言いようがない」

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」