主張

米国のアジア戦略 TPP離脱の影響大きい

 オバマ前大統領は、どれだけ実績を伴ったかは別として、アジア重視のリバランス(再均衡)政策を掲げた。環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への取り組みでは、新たな地域の貿易ルールを中国には作らせない考えを示し、米国の関与を保証した。

 それに当たることを、トランプ氏はいったいどう考えているのだろうか。

 TPP離脱は、逆コースを歩む象徴となっている。ASEAN諸国などは、大国の出方を注意深く見極めようとしている。米国がビジョンを描けなければ、中国は切り崩しをさらに強めよう。

 同盟国の日本が、米国の積極関与を促す責任は大きい。

  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳

  3. きよ彦さん死去…毒舌キャラでタレントとしても人気集めた着物デザイナー

  4. NHK朝ドラ「ちむどんどん」第13週、和彦(宮沢氷魚)を「諦める」暢子(黒島結菜)…歌子(上白石萌歌)の恋も動く?

  5. 25歳・大山亜由美さん死去 がん闘病1年…芸能事務所オスカーと契約、長身美人ゴルファー