「ここから頑張らないと」世界選手権代表射止めた川井妹/レスリング

「ここから頑張らないと」世界選手権代表射止めた川井妹/レスリング
「ここから頑張らないと」世界選手権代表射止めた川井妹/レスリング
その他の写真を見る (1/2枚)

 8日に東京・北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで行われたレスリング世界選手権(21〜26日、パリ)の女子63キロ級代表決定戦を制し、初代表に決まった川井友香子(19)=至学館大。リオデジャネイロ五輪同級金メダルで、今回は60キロ級に出場する姉の梨紗子(22)=ジャパンビバレッジ=とアベック出場を決め、二人で感涙した。

 「決まったときは『よかったな』と思いましたが、ここから頑張らないといけないと思いました」。友香子は決意を表した。レスリング世界選手権に日本から姉妹が同時に出場するのは、伊調千春、馨姉妹、坂本日登美、真喜子姉妹に続いて3例目だ。

 4日の世界ジュニア選手権(フィンランド)同級では勝てる試合を逆転で落として3回戦敗退。実家で中継を見ていた姉にLINEで「情けない」と送ると、「そんなことは分かっている」と厳しく怒られたという。そこからこの試合まで「気持ちの切り替えが難しかったけれど、うまく持ってくることができた」。

 「ホッとしました」とは姉の梨紗子。「ここで気持ちを切り替えて、自分で勝ちにいくしかないんだと話しました」。姉はこの日、セコンドに付いてアドバイスを送り、試合と試合の間には入念なマッサージをするなど後押しした。

 2015年世界選手権と16年リオ五輪の際、姉の練習相手として現場を体験した友香子。「いつかは(世界選手権に)出たいと思っていたけれど、まだまだ先の話だと思っていた」という。大学の先輩、伊藤彩香(24)=東新住建=の負傷による代表辞退で巡ってきた大きなチャンスをつかんだ。「これを生かして、世界選手権でメダルを取らないと意味がない。これからが勝負。彩香さんの分も、一つ一つ頑張りたい」と話した。

  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. NHK「舞いあがれ!」第19週、インサイダー疑惑の悠人(横山裕)「倒れた!」朝ドラファン悲鳴…貴司(赤楚衛二)を尋ね秋月史子(八木莉可子)登場

  3. 独占・スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」久留美(山下美月)の破局に「別れて正解」「悠人と幸せになってください」

  5. 熊本県ならどの家庭にもくまモン1匹はいる?「水ダウ」企画に反響「ガチわかる」「いない方が珍しい」