産経抄

「暁の超特急」生涯の悔い 核の脅威が現実味を帯びた中の「原爆忌」に寄せて 8月6日

 往年の名スプリンター吉岡隆徳はただ一度、「駆け足」を悔いたことがある。広島高等師範学校の教授時代という。学生を連れて郊外の工廠(こうしょう)に詰めていた朝、原爆は落とされた。市内に残す家族のもとへ、酸鼻を極めた地獄絵図の中を吉岡は走る。

 ▼道すがら助けを呼ぶ声がした。〈これらの人々を踏み越えるようにして我が家へ急いだ〉と自著『わが人生一直線』に書き留めている。未曽有の惨禍を前に、非を鳴らされるいわれはあるまい。悔恨にさいなまれた吉岡はしかし、戦後まもなく教授職を辞している。

 ▼1932年ロサンゼルス五輪の陸上男子100メートルで6位入賞し、「暁の超特急」と呼ばれた人の終生癒えなかった傷という。「教育も理性も一発の原爆であとかたもなく吹っ飛んでしまう」。人の尊厳を一瞬で焼き尽くした閃光(せんこう)の罪深さを、誰もが思う季節だろう。

 ▼遠いロンドンでは、日本の若いスプリンターたちが世界陸上選手権のトラックを駆けている。わずか10秒に人生を懸ける選手たちの輝きもまた、同じ地上の光である。武器も取らず、誰をあやめることもなく争うすべを、人類は太古の昔から知っていたというのに。

  1. 英科学誌・ネイチャーが韓国をバッサリ「カネでノーベル賞は買えない」

  2. 「ちむどんどん」房子「まさかやー…」の意味、賢三との関係は?「恋人?」「東京の叔母さん?」

  3. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  4. 長谷川京子が安藤政信と6時間ほぼ裸でシャワー室に… 「反響が楽しみ」

  5. 「ちむどんどん」次週予告に和彦の姿なし…落胆するファン続出?「どこ行った宮沢氷魚」