三位以上の高級貴族邸宅か 島津製作所の敷地内から平安初期の最大規模の邸宅跡 京都

 分析機器メーカー「島津製作所」の三条工場(京都市中京区)から9世紀前半の邸宅の一部とみられる巨大な建物跡が4棟分出土し、3日、同市埋蔵文化財研究所が発表した。平安初期の巨大な建物跡が整然と出土するのは極めて珍しい。同工場では過去に、今回とほぼ同規模の建物跡など3棟分を検出。全体として平安京の碁盤の目の1区画(120メートル四方)を占有していたとみられ、同研究所では、位階が「三位」以上の高級貴族の邸宅跡の可能性が高いとしている。

 社屋の建設に伴い、当時の平安京の右京三条三坊五町にあたる工場の一区画約2400平方メートルを調査。一辺が最大1メートルの方形の柱穴跡が東西7間(21メートル)、南北2間(9メートル)で並んで見つかった。平安京内で最大規模の邸宅と考えられ、比較的細い柱の穴が含まれていることから庇(ひさし)がついていたとみられる。

 また、建物の西側に付属するように2間四方の建物跡が出た上、この2つの建物を囲むように溝も出た。溝の外では、南側に庇の付いた建物跡と倉庫跡も見つかり、計4棟が出土した。

 出土した土器などから、いずれも9世紀前半に建てられたと考えられる。だが、現地はもともと居住に適さない低湿地であり、近くを流れる紙屋川の氾濫などもあって、840年ごろには廃絶したとみられる。

 これまで三条工場で行われた発掘調査では、今回の南東からほぼ同規模の建物跡が2棟、東側からは庇付きの建物跡が出土。細い溝で区切られてはいるが、今回を含めた計7棟は同じ邸宅の施設とみられる。

  1. 「子どもに就いてほしくないなあ」と感じる職業、1位は?

  2. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  3. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」11月29日OA第42話あらすじ 舞(福原遥)が初フライトへ!大河内(吉川晃司)が一番手に指名

  4. 吉田麻也「一番起きてはならないことが起きてしまった」 不用意パスから後半36分、悪夢の失点

  5. 【新・親も知らない今どき入試】5大商社に強い大学ランク 独走の慶大、情報化社会で理系人材を求められる東工大