産経抄

ブレーンに恵まれた家康を見倣え 7月31日

 関ケ原の戦いに勝利した徳川家康にとって、残る気がかりは豊臣家の存在だった。そこで目をつけたのが、秀吉の遺児、秀頼が再建した京都・方広寺大仏殿の釣り鐘である。刻まれている銘文「国家安康」が、家康の名を分割して呪うものだと、言いがかりをつけた。

 ▼この事件が、大坂の陣の原因となり、豊臣家の滅亡につながっていく。実は鐘の銘文について家康に知恵を授けたのは、南禅寺の僧、金地院崇伝(こんちいん・すうでん)だったといわれている。当時、「黒衣の宰相」の異名を取った、家康の政策ブレーンである。

 ▼トランプ米大統領にとっても、ブレーンの存在は欠かせない。そのなかでも政権の要の役割を果たしてきた、プリーバス大統領首席補佐官が更迭された。すでに政権発足以来、国家安全保障問題担当の補佐官や大統領報道官、FBI長官など、解任、辞任が相次いでいる。

  1. あすの「ちむどんどん」5月27日OA第35話あらすじ 良子の披露宴が行われるなか賢秀は再び沖縄を離れ…

  2. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  3. 「おちょやん」テルヲ以上のクズキャラか?「ちむどんどん」手切れ金要求の賢秀に視聴者あ然「一番の最低エピソード」

  4. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走