甘口辛口

仰木さんも歌えなかった東筑の校歌を「石田伝説」の継承者が甲子園に響かせられるか

■7月30日

 またオレの話かと天国で苦笑いされそうだ。全国高校野球選手権の福岡大会を前に、4月に誕生した中間仰木彬記念球場の話をここで書いたが、その仰木さんの母校、東筑が21年ぶり6度目の夏の甲子園出場を決めた。

 私立の強豪がひしめく福岡で、県立高が出場するのも前回1996年の東筑以来。5回戦から九産大九州、福岡工大城東、西日本短大付と名だたる私立校を立て続けに破り、決勝ではセンバツ8強右腕、福岡大大濠の三浦銀二投手(3年)から1本塁打を含む7安打で3点を奪った。

 地元放送局の実況でも何度も触れていたのが「石田伝説」だ。過去5度の出場のうち、3度はエースが石田姓。今回も右横手投げの石田旭昇(あきのり)投手(2年)が全7試合に先発して完投。昨夏は初戦敗退だったチームを頂点に導いた。

 1898(明治31)年開校で、スーパーサイエンスハイスクールに指定されている進学校。1953年の甲子園初出場時のエースが仰木さんだ。96年に石田泰隆投手を擁して出場した際、オリックス監督だった仰木さんに感想をお願いすると、「モヤシみたいなヒョロヒョロばっかりや」。その仰木さんは1回戦で敗れているが、モヤシ軍団は見事に初戦を突破した。

 入学時から「石田伝説」をプレッシャーになるぐらい聞かされたという石田旭昇投手。1年時に横手投げに変え、今年5月の招待試合でセンバツ出場の日大三(西東京)を完封して期待が高まっていた。東筑の校歌は国学者で詩人の折口信夫作詞、「海ゆかば」「海道東征」の信時潔作曲。仰木さんは歌えなかった♪よきかな東筑-の印象的なサビを、ぜひ勝って歌ってもらいたい。 (親谷誠司)

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  3. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  4. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  5. 上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛