衝撃事件の核心

「口に口が入ってきた!」病院で性的虐待被害、90代女性が男性職員を怒りの提訴 「異性介護」の顛末

男性の介護職員にいきなり胸を触られ、キスをされたと訴えた90代の女性。法廷闘争に発展したが、背景には日本の介護現場における「異性介護」の問題が浮かび上がっている
男性の介護職員にいきなり胸を触られ、キスをされたと訴えた90代の女性。法廷闘争に発展したが、背景には日本の介護現場における「異性介護」の問題が浮かび上がっている

「口に口が入ってきた!」。衝撃的なその一言から問題は発覚した。舞台は大阪府内の病院。入院中の女性が男性職員にわいせつな行為をされたと家族に訴えたのだ。病院と職員に慰謝料200万円を求め、大阪地裁に訴訟を起こしたその女性の年齢は何と90代。対する職員は聞き取りに対して行為の一部を認めたというが、訴訟では一転して病院ともども争う姿勢を見せている。専門家は日本の介護現場における「異性介護」の問題点を指摘している。

仰天の告白

訴えによると、問題が起きたのは平成27年10月のことだった。認知症を患って入院していた90代の山田マサエさん=仮名=は、担当の男性介護職員Aにいきなり胸を触られ、キスをされたという。

数日後、山田さんは見舞いにきた娘に被害を打ち明けた。「ヘルパーに乳房を上下に揺らされ、口に口が入ってきた」。驚いた娘は病院の看護師に伝え、対処を依頼することになった。

およそ10日後、山田さんの家族と病院側との面談の場が設けられた。同席したのは院長と事務長、看護部長と看護師長。翌月にも再び面談があったが、病院側からは反省も謝罪もなかったと、山田さん側は主張している。

このほか時期などははっきりしないが、顔を平手で殴打されたり、首をつねられたりする暴行を受けたほか、先の性的虐待については病院側から「水に流しましょう」とも言われた、と山田さん側は訴えている。

一連の事態を受け、山田さんの家族は病院の看護・介護態勢に不安や不信感を募らせ、山田さんを転院させることを決意。別の特別養護老人ホームで受け入れてもらえることが決まり、山田さんは現在そこに入所して、安定した生活を送っているという。

  1. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月9日OA第50話あらすじ 特訓が続き舞(福原遥)が発熱、悠人(横山裕)は両親に近づこうとせず…

  2. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  3. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月8日OA第49話あらすじ ソロフライト訓練の着陸で舞(福原遥)はまたもセンターラインを外し…

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」大河内教官(吉川晃司)を擁護する声続出「フェイルさせて平気なわけじゃないのが背中でわかる」

  5. 清瀬汐希が初主演映画で体当たりヌード ベッドシーン撮影になんと4時間