3歳女児、車にはねられ死亡 夜間に1人で外に出る 長野の国道、両親は外出中

 6日午後9時半ごろ、長野県富士見町富士見の国道20号で、近所に住む伊藤瑞(みずき)ちゃん(3)が近くの同町職員、窪田浩美さん(55)の乗用車にはねられ、頭を打って間もなく死亡した。

 茅野署によると、自宅にいた瑞ちゃんが1人で外に出て、約40メートル離れた国道にいたところ、はねられた。事故当時、両親は外出中で祖母が自宅にいたという。

 現場は片側1車線のほぼ直線で、横断歩道はなかった。同署は事故原因や瑞ちゃんが外に出た経緯を調べている。

  1. 「子どもに就いてほしくないなあ」と感じる職業、1位は?

  2. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  3. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」11月29日OA第42話あらすじ 舞(福原遥)が初フライトへ!大河内(吉川晃司)が一番手に指名

  4. 吉田麻也「一番起きてはならないことが起きてしまった」 不用意パスから後半36分、悪夢の失点

  5. 【新・親も知らない今どき入試】5大商社に強い大学ランク 独走の慶大、情報化社会で理系人材を求められる東工大