盗品買い取り悪質古物商、3年で16店廃業-高いハードル越え大阪府警が徹底捜査「犯罪の連鎖絶つ」

捜査の目かいくぐるのに必死 周囲見張る店も

 店側は捜査の目をかいくぐろうと躍起のようだ。

 府警が昨年7月に摘発した大阪市西成区の店は、従業員が店舗の周りを見張っており、「内偵段階での盗品の持ち込み状況の確認が困難だった」(府警幹部)という。盗品と特定されないよう、工具に印字されているシリアル番号を削って販売する店も少なくない。

 いずれの店も古物営業の許可を得ており、表面上は正規の業者。しかし、買い取り客の身分確認や帳簿への記載がずさんで、盗品を何度も持ち込む客に対しては、身分証を使い分けるよう指示することさえある。

 なぜ、違法業者はリスクを冒してまで盗品の工具を買い取るのか。

 「布施・八尾・枚岡古物商防犯組合」(大阪府東大阪市)の藪光(やぶ・ひかる)組合長(69)によると、盗品はその負い目から相場の10分の1以下で売られることも珍しくない。買い取り額が抑えられる分、利益も出しやすいという構図だ。

 藪組合長は「できるだけ早く換金したい窃盗犯はいくらでも買い取ってほしいはず。業者からすればおいしい商売だろう」と話す。

「売却先がない」という状況を作れば…

 工具などを盗む手口として最も多いのが車上狙いだ。府警によると、26年に府内で起きた工具類窃盗6359件のうち、約56%に当たる3571件が車上狙いによる被害だった。

  1. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月6日OA第47話あらすじ 柏木(目黒蓮)は中間審査に無事合格、着陸にてこずった舞(福原遥)は…

  2. サッカー日本代表、試合前の勝負メシは「うなぎ」 専属シェフのツイッターが好評

  3. 野菜のプロ直伝「おでんの大根 一瞬で味を染み込ませる方法」に「いいね」続々「これ本当に一撃で味が染みる!」

  4. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  5. NHK「舞いあがれ!」サブタイ「別れ」は舞(福原遥)と柏木(目黒蓮)?朝ドラファン「水島学生?」「中澤学生かな?」