フジ田中大貴アナのスポーツ!こぼれ話

ボクシング村田諒太が世界戦よもやの敗北 頂点への道を追い続ける

【フジ田中大貴アナのスポーツ!こぼれ話】ボクシング村田諒太が世界戦よもやの敗北 頂点への道を追い続ける
【フジ田中大貴アナのスポーツ!こぼれ話】ボクシング村田諒太が世界戦よもやの敗北 頂点への道を追い続ける
その他の写真を見る (1/6枚)

 そのとき、フジテレビの中継チームは、新王者誕生を確信していました。5月20日に行われた東京・有明コロシアムで行われたWBA世界ミドル級王座決定戦。私たちは12ラウンドの試合終了直後、すぐに歴史的勝利のインタビュー準備に取りかかりました。

 ロンドン五輪金メダルから4年。日本人には高すぎるといわれたミドル級の壁をこじ開けた村田諒太選手が何を話すのか。視聴者の関心もそこに集まっていたはずです。少なくとも、誰も敗戦を予想していなかったはずでした。

 しかし、リング上へ渡された採点表を見て、思わず息をのみました。

 「村田君、1-2で負けてます…」「村田が負け?!」「これは計算違いですか? いや、でも積算表も付いていて計算は合ってますよね…」「エンダム、勝利…」「コールするしかありませんね…」

 中継チームの間で会場での勝利者コールまでのわずかな時間に交わされた会話の内容です。

 「チャンピオン、アッサン・エンダム」。コールされた瞬間、会場はどんな空気に包まれるんだろう…。正直、恐ろしくなりました。そして、まさにリング上で右腕を突き上げる準備をしている村田選手のボクシング人生はどうなってしまうんだろう…。

 背筋が凍りつくような時間の中、勝者は告げられました。会場は怒号が飛び交うことなく、静まり返りました。予想外の結果に、誰もが言葉を失っているようでした。

  1. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  2. 「うめづのお好み焼き」トレンド入り!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」悠人(横山裕)が久留美(山下美月)に渡した「最大級の感謝」

  3. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」史子(八木莉可子)登場で舞(福原遥)と貴司(赤楚衛二)の関係が進展?「恋の火付け役」

  5. 【犯罪最前線】報酬5%、女性は裸写真も…特殊詐欺実行犯の実態