【小池知事市場決定・詳報(1)】「食の魂を込め、築地を再開発する判断に至りました」…では豊洲は?(1/4ページ) - イザ!

メインコンテンツ

小池知事市場決定・詳報(1)

「食の魂を込め、築地を再開発する判断に至りました」…では豊洲は?

会見場に入る小池百合子都知事=20日午後、都庁(桐原正道撮影)
会見場に入る小池百合子都知事=20日午後、都庁(桐原正道撮影)

 《市場は移転するのか、それとも-。築地市場(東京都中央区)の豊洲市場(江東区)への移転問題で、東京都の小池百合子知事の臨時の記者会見が20日午後3時半、東京都庁(新宿区)で始まった》

 《グレーのスーツで会見場に現れた小池氏は、少し緊張しているのか硬い表情だ》

 「本日、急なお声がけでございましたが、ご参集いただきまことにありがとうございます」

 《公務がつまっていることもあり、小池氏は冒頭のあいさつも早々に、すぐに説明を始めた。会見は午後4時までの30分間で打ち切られるという》

 「本日、ご報告がございます。築地市場の再開発を含みます市場の新たなプランについて、都の職員にまとめるよう指示を出したわけでございます」

 「理由は2つありまして、豊洲ありきで移転後の計画が不十分ではなかったか、移転後に毎年生じる年間100億円近い赤字にどう対応していくのか、豊洲が老朽化して更新するときにどうするのか。いわば、今生きる人を見ています」

 《累積する負の遺産をどうするのかと語気を強めた小池氏は、未来志向の計画の必要性を強調した》

  1. おかえりモネ、部屋から出た「宇田川さん」に膨らむ視聴者の予想「ブッキー説を提唱」「宇田川さんは妻夫木でしょ?」の声
  2. 「ガラケー」に迫る終焉 携帯3G、来年から各社で終了
  3. コロナワクチン「間違った打ち方」で抗体が不十分となるリスクも