震災いじめで母が会見 応援「心の支えに」 訴訟は見送り

 東京電力福島第1原発事故で福島県から横浜市に自主避難した中学校の男子生徒(13)へのいじめ問題に関し、生徒の母親が7日、横浜市内で会見し、「全国の方々がいろいろな形で味方になってくださった。心の支えになりました」と感謝の気持ちを述べ、林文子市長が5月31日に生徒と母親に面会して謝罪したことなどを受けて、一定の収束を図るとともに、当初予定していた訴訟も見送る方向であることを明かした。

 会見冒頭、生徒の思いを弁護士が代読し、「教育長や市長が、言いたいことを聞く体制になってくれたこと、聞く耳をもってくれたことが今、うれしいです」とした上で「今後も、子供を放置せず、精神的なサポートをしてほしいです。加害者も、被害者も、平等に、です。応援してくださった皆さん、ありがとうございました」とした。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」ハワイで成功、3児の母…金吾(渡辺大知)と早苗(高田夏帆)の近況に視聴者興味津々も「賢吉は?」

  2. 残り2話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月29日OA第124話あらすじ 歌子(上白石萌歌)の体調に異変が…

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 立民・辻元氏は「ブーメランのプロ」 旧統一教会関連団体の勉強会参加、維新・馬場氏が苦言 国葬当日、党の公表に「卑劣なやり方」政治学者