【日本酒を訪ねて】「低精米酒」大吟醸の逆転の発想!? 削らない酒は個性豊かな田んぼの味(1/3ページ) - イザ!

メインコンテンツ

日本酒を訪ねて

「低精米酒」大吟醸の逆転の発想!? 削らない酒は個性豊かな田んぼの味

【日本酒を訪ねて】「低精米酒」大吟醸の逆転の発想!? 削らない酒は個性豊かな田んぼの味
【日本酒を訪ねて】「低精米酒」大吟醸の逆転の発想!? 削らない酒は個性豊かな田んぼの味
その他の写真を見る (1/5枚)

 米を磨くほど上質なうまい日本酒になる。そんな大吟醸神話の逆を行く「低精米酒」に注目だ。玄米を半分以上も磨く(削る)大吟醸酒に対し、8、9割方残す白米ほどの精米歩合。米の外側のタンパク質が酒の雑味の原因とされているが、それもまるごと「旨(うま)み」ととらえる新概念だ。未知の味を試してみると…。(重松明子、写真も)

ほろ苦い水田?の風味

 やや黄色がかる酒を口に含んだ。まず、辛みがドーン。燻(いぶし)たようなほろ苦い水田?の風味が舌に留まり、余韻が後をひく…、こんな日本酒初めて。用意していた干物を下げ、赤身のステーキを焼いて合わせると絶妙! フルボディーの赤ワインに近いかも。

 伊勢丹新宿本店で見つけた低精米酒を自宅で賞味した衝撃が忘れられない。「獺祭(だっさい)」のように20%近くまで米を削った酒がもてはやされる中で、「90%」「80%」と表記した瓶が並んでいた。「単に削らないのではなく、上質なお米で作った純米酒であることが低精米酒の大前提。食事に合う個性的なお酒としてここ1、2年、注目しています」と担当アシスタントバイヤーの倉友桐さん(27)。購入層の中心は、日本酒を飲み尽くしてきた中年男性という。

  1. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性
  2. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」
  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  4. 最も利用するスマホ決済 3位「楽天ペイ」、2位「d払い」を抑えた圧倒的1位は?
  5. コロナワクチン「間違った打ち方」で抗体が不十分となるリスクも