高安、日馬破り大関昇進文句なし!二所ノ関部長「この一番は大きいね」/夏場所

高安、日馬破り大関昇進文句なし!二所ノ関部長「この一番は大きいね」/夏場所
高安、日馬破り大関昇進文句なし!二所ノ関部長「この一番は大きいね」/夏場所
その他の写真を見る (1/2枚)

 大相撲夏場所13日目(26日、両国国技館、観衆=1万816)横綱に押し込まれた高安の体が、弓なりに反る。だが、強い体幹に支えられた重い腰は、ぶれない。体を鋭く左へさばいて日馬富士をはたき込み。優勝争いにも踏みとどまる11勝目を挙げた。

 「落ち着いた精神状態だった。コツコツやってきたことが報われた1勝だと思う」

 既に大関昇進の目安とされる「直近3場所を三役で33勝以上」という数字には前日に到達。さらに白星を1つ上積みした。昇進を預かる審判部の二所ノ関部長(元大関若嶋津)は「横綱を倒したこの一番は大きいね」。事実上、昇進へ向けて14日目に動き出す。同日中に審判部内の意見を取りまとめ、昇進となれば、審判部として昇進の可否を協議する臨時理事会(31日)の招集を千秋楽に要請する。

 息子の相撲を館内で見守ったフィリピン人の母・ビビリタさんは勝った瞬間、右腕を突き上げて涙をぬぐった。帰路につく車。運転席に父・栄二さん、最後列で待っていた母は、前の席に座った息子へ抱きついた。 (奥村展也)

「高安はこの場所で特に強くなった感じがする。今日勝ったのは大きい。自信をつけているし、(土俵際で)突き落としにいかず押し返したのがいい。ずっと厳しい稽古を継続して積んできたから力がついた」

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  3. 8日スタートNHK朝ドラ「ちむどんどん」第18週あらすじ 良子(川口春奈)は重子(鈴木保奈美)に直談判しに行くが…

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」