純金のウルトラセブンが登場 放送から半世紀 モロボシ・ダンが黄金のウルトラアイで「デュワッ!」  横浜高島屋

純金のウルトラセブンが登場 放送から半世紀 モロボシ・ダンが黄金のウルトラアイで「デュワッ!」  横浜高島屋
純金のウルトラセブンが登場 放送から半世紀 モロボシ・ダンが黄金のウルトラアイで「デュワッ!」  横浜高島屋
その他の写真を見る (1/2枚)

 特撮番組の不朽の名作「ウルトラセブン」(1967年10月〜68年9月)が放送開始から50年を迎えることを記念して5日、お値段1千万円の純金のウルトラセブン像が横浜高島屋(横浜市)にお目見えした。主演した俳優の森次晃嗣(もりつぐ・こうじ)さん(74)も駆けつけ、こちらも純金の変身アイテム「ウルトラアイ」を手に、「デュワッ!」というおなじみのかけ声とともに変身ポーズを披露した。

 純金製のウルトラセブンは、同百貨店で10日まで開かれている展示会「大黄金展」に登場。高さ18センチ、重さ400グラムで価格は1080万円(税込み)だ。

 ほかに、「ウルトラセブン」に出てきた怪獣であるキングジョー、メトロン星人、エレキング(いずれも15グラム、5センチ、32万4千円)と変身アイテムのウルトラアイ(60グラム、高さ3・3センチ、幅16・3センチ、奥行き6・2センチ、103万6800円)も。

 純金のウルトラアイを手にした森次さんは、樹脂製のオリジナルと比べて「重いねえ。いつもよりも内側のほうを持たないと落としちゃうよ」と、手袋をはめたまま慎重に変身して「疲れたよ」。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 「不公平だ」 10万円相当給付決定、子育て世帯も不満

  4. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病