栃木スキー場雪崩

「まだ目を開けそうだけど冷たく…」 浅井譲さんの父、声を震わせ

【栃木スキー場雪崩】「まだ目を開けそうだけど冷たく…」 浅井譲さんの父、声を震わせ
【栃木スキー場雪崩】「まだ目を開けそうだけど冷たく…」 浅井譲さんの父、声を震わせ
その他の写真を見る (1/2枚)

 「面倒見が良く妹思いの努力家だった」

 雪崩の犠牲となった県立大田原高2年の浅井譲さん(17)=栃木県那須塩原市=の父、慎二さん(47)は早すぎる息子の死を悼んだ。

 自身も登山が趣味だったという慎二さんは小学生だった譲さんを連れて、よく2人で県内の山に登った。今回の講習で登山予定だった茶臼岳(同県那須町)にも行ったことがある。

 譲さんは中学校ではバスケットボール部に所属したが、高校入学を機に山岳部に入部。慎二さんには特に相談もなく、「山岳部に入るから」といきなり告げ、驚かせたという。「子供の頃に登山を楽しんでくれていたからかな」と慎二さんは振り返る。

 県内屈指の強豪、大田原高山岳部で、譲さんはインターハイ出場を目標に鍛錬を積んだ。家の近くを走るなど、体力をつけるため、自主的に練習していた。

 部活に加えて来年度は受験ということもあり、図書館で勉強するなど学業にも力を入れていた。生物学に興味があり、理系の大学への進学を希望。「要領はよくないけど努力家」(慎二さん)というように、部活と学業を両立していた。

 妹の千鶴さん(11)は「勉強ができて優しいお兄さんだった。難しい算数を教えてもらった」。面倒見が良く、妹思いの兄だった。

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  4. ロシア大敗、反攻猛進撃のワケ ウクライナが東部要衝奪還、東京なら1・4倍の広さ 「プーチン大統領は四面楚歌状態」渡部氏

  5. 「ロシア軍崩壊」英機密報告書が予測 エリツィンの義息離反、兵器も旧式を投入するほど枯渇か 「プーチン氏余命2、3年」重病説消えず