遺品整理トラブルが増加 「広告と違う」苦情…希望明確に、複数見積もりを

 依頼の際には、必ず複数から見積もりを。同協会は「A社は部屋の広さだけ、B社は部屋の荷物を一つずつ確認して話し合うプランの料金かもしれない」。作業員一人の人件費、廃棄物処理費、買い取り分など、細かな明細をみる。利用規約があればより安心だ。

 電話の第一声も重要視したい。受け答えは、仕事の基本。さらに、ホームページで代表者と作業する従業員の顔を公開していれば、安心できそうだ。

 「故人が女性なら、みられたくないものもあり、女性のスタッフもいるならよい」(同協会)

 気持ちに寄り添う話し方や対応をしてくれるかも重要となる。

 肝要なのは依頼の際に、「お願したい内容を明確にして、できることとできないことを質問したい。『何でもできます』はトラブルの元。ある荷物を運べないなら、その理由を説明できるところを選びたい」とアドバイスする。 (不動産・住生活ライター 高田七穂)

  1. 1月30日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第18週あらすじ 貴司(赤楚衛二)の受賞を祝う会で悠人(横山裕)は…

  2. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  3. 石川佳純、モデルのような写真に「美しすぎる」と海外からも反応

  4. 佐藤早也伽と岩出玲亜が転倒 佐藤は両ひざから出血/大阪国際女子マラソン

  5. 「罠の戦争」第3話あらすじ 亨(草なぎ剛)は犬飼(本田博太郎)の息子の不祥事隠蔽に事務所の金が使われていたことに気づく

twitterプレゼントキャンペーン

twitterプレゼントキャンペーン