カルロス・トシキさん、現在はブラジルでにんにくを作っていた!

カルロス・トシキさん=1991年2月
カルロス・トシキさん=1991年2月

 「君は1000%」などのヒット曲などで80年代に人気を博した元歌手、カルロス・トシキさん(52)が9日、フジテレビ系「ノンストップ!」(月〜金曜前9・50)にVTRで出演。母国ブラジルで農業に従事していることを明かした。

 カルロスさんは日系3世。「君は1000%」の他には、フジテレビ系ドラマ「抱きしめたい!」の主題歌「アクアマリンのままでいて」などのヒット曲を歌った。椎間板ヘルニアを患ったこともあり、35歳で芸能界を引退し、母国ブラジルに帰国。実家のレストランを手伝っていたりしたという。

 ブラジル帰国後に歌手をやるつもりはなかったといい「日本人の顔でサンバをやっても説得力がないと思うんですよね」と明かすと、続けて「ある日本の方がブラジルで種苗を作って農家に卸していたんですね。これ面白いと思ったんですよ」と農業の道へ進んだという。

 現在、ブラジルで作られている国産にんにくの種球の100%近くを「ウチから買ってくれてるんですよ」と答えるほど、にんにくのシェアを独占しているという。現地では「偉大なにんにくスペシャリストの1人」と称されている。

 カルロスさんは今後ついて、「日本に来て歌を聞かせて、ブラジルでニンニクを作って両方できれば何も言うことはない」と願望を語った。

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月25日第59話あらすじ ジョーを信じると決めたるい、泊まる宿に通い続けるが…

  2. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  4. 海自輸送艦「おおすみ」トンガへ出港 沖合停泊し災害支援

  5. 中国に「大変失望した」 WHOテドロス事務局長が表明