入院中の82歳男性死亡 人工呼吸器の電源切れた状態 水戸

人工呼吸器の電源が切れた状態で死亡している男性が発見された丹野病院=9日夕、水戸市酒門町(丸山将撮影)
人工呼吸器の電源が切れた状態で死亡している男性が発見された丹野病院=9日夕、水戸市酒門町(丸山将撮影)

 茨城県警水戸署は9日、水戸市酒門町の総合病院「丹野病院」に入院していた無職男性(82)=同県城里町=が人工呼吸器の電源が切れた状態で7日に死亡しているのが見つかったことを明らかにした。司法解剖の結果、死因は不詳。事件や事故の可能性があるとみて捜査している。

 同署によると、7日午後9時10分ごろ、巡回中の看護師(30)が発見した。死亡推定時刻は発見された時間帯とほぼ一致している。男性は平成27年1月上旬から入院しており、意識はあるが、寝たきりの状態だった。死亡時は4人部屋で、病院では2時間に1回程度巡回。男性の階では死亡時、看護師1人とヘルパー2人がいた。

 同病院で過去に同様の死亡事例は確認されていない。人工呼吸器は、再び電源を入れると作動したという。同病院は「責任者が不在のため、コメントできない」としている。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」