甘口辛口

最近のNHKは番組宣伝がやたら多い、やり過ぎではないかと苦言を呈したいと思っていたが…

■2月5日

 最近のNHKは番組宣伝(番宣)がやたらと多い。平日のレギュラー番組のない週末や休日は特に目立つ。春の番組改編期だけでない。このところ、始まったばかりの大河ドラマやBSのドラマなど日常的に流れている。視聴率にしのぎを削る民放ならまだしも、受信料で成り立つNHKなのに、やり過ぎではないか。

 -と苦言を呈したいと思っていたら、先月25日に就任した上田良一NHK新会長が、2日に開いた初の定例会見で自ら触れた。報道陣から見直すべき番組について質問された際、「私が経営委員として『視聴者のみなさまと語る会』に出席していたとき、『民放でもないのに、NHKは宣伝が多すぎる。何であんなに宣伝を入れるんだ』と言われた」と語ったのだ。

 上田会長自身も思い当たるフシがあったのだろう。苦笑いを浮かべながらの告白だった。さらに続けて「(制作側としては)せっかく作った番組なので、見てほしいという気持ちは分かる」と理解を示した上で、「プラスマイナスはある」として番宣過多を問題視する姿勢を見せた。

 正直、もう一歩踏み込んで「民放でさえ番宣をやり過ぎと批判されるのに、公共放送が追随していいのか」とでも言ってほしかったが…。就任直後だけに、そこまでは酷か。とはいえ、「視聴者のみなさまと語る会」は、NHKの最高意思決定機関・経営委員会の主催。毎年度ごとに全国各地で5回以上は開かれ、その意見は番組制作にも生かされる。

 上田会長は経営委員の経験だけではない。過去に三菱商事の副社長として、お得意様のニーズを徹底して探ったはず。その見識を生かし、視聴者の望まない無駄はできる限り省いてほしいものだ。 (森岡真一郎)

  1. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  2. 23日スタート「ちむどんどん」第7週あらすじ 房子は暢子に因縁? 良子は金吾から執ような求婚を受け続け…

  3. 「鎌倉殿の13人」5月22日OA第20話あらすじ 奥州へ逃れた義経を討つよう、頼朝から命じられた義時は…

  4. 露軍、渡河失敗で打撃 英国防省が分析

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走