産経抄

「米国第一」のトランプ政権に根気よく付き合うのが日本の役目 1月22日

 処世訓として、あるいは企業経営の肝として、「着眼大局、着手小局」という言葉をよく耳にする。まず全体を見渡しなさい。その上で目の前の問題に取り掛かりなさい。「鳥の目、虫の目」に通じるものがある。

 ▼こと国家の「経営」も、勘所は同じだろう。先を見通す目と細部に行き届く目がほどよく折り合って、政策は効き目を表す。ただし、目のつけどころを誤ってはいけない。目先の利にとらわれ実現困難な政策に飛びつく愚は、わが国の民主党政権時代で懲りている。

 ▼「米国第一」という着眼点はどうだろう。第45代米国大統領に就任したドナルド・トランプ氏の演説を聞くかぎり、その大局観には米国以外の地図が描かれていない。新政権は早くも公約通りに、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)からの離脱を正式表明した。

 ▼米国の幸せは世界の幸せ-との図式があるならまだいい。「米国の製品を買おう。米国人を雇おう」と臆面なく「小局」にこだわる横顔に、世界のリーダーとしての気高さはない。TPPやロシアへの対応で露見した閣僚との見解の相違もまるで気に留めていない。

  1. あすの「ちむどんどん」5月27日OA第35話あらすじ 良子の披露宴が行われるなか賢秀は再び沖縄を離れ…

  2. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  3. 「おちょやん」テルヲ以上のクズキャラか?「ちむどんどん」手切れ金要求の賢秀に視聴者あ然「一番の最低エピソード」

  4. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走