産経抄

韓国の金を返せばチャラにできるという発想は幼稚 1月14日

 真情を吐露したということだろう。在日本大韓民国民団の呉公太(オ・ゴンテ)団長は12日、韓国・釜山の日本総領事館前に設置された慰安婦像について言い切った。「撤去すべきだというのが私たち在日同胞の共通した切実な思いだ」。訪韓して韓国政府にも撤去を働きかけるという。

 ▼呉氏は、慰安婦問題を最終的かつ不可逆的に解決する日韓合意を、「両国関係発展のための英断」と称賛した上でこうも指摘した。「合意が誠実な態度で履行されなければ、問題は永遠に解決されない」。日本が慰安婦像設置に対し、駐韓大使の一時帰国などの対抗措置を取ったことにも理解を示した。

 ▼ところが、こんな在日同胞の悲痛な訴えは母国には届かないか無視されている。韓国メディアの報道によれば、次期大統領の有力候補らの中では比較的穏健派とされる潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長ですら、日韓合意を批判し、韓国政府が受け取った10億円を「返してやらねば」と語ったとされる。

 ▼相手が日本ならば、何を言ってもやっても許されると思い込む「反日無罪」の病は膏肓(こうこう)に入り、もはや手がつけられない。国家間の合意に基づきいったん正式に受け取った金を、返せばチャラにできるという発想はどこまでも幼稚である。

  1. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  2. 23日スタート「ちむどんどん」第7週あらすじ 房子は暢子に因縁? 良子は金吾から執ような求婚を受け続け…

  3. 「鎌倉殿の13人」5月22日OA第20話あらすじ 奥州へ逃れた義経を討つよう、頼朝から命じられた義時は…

  4. NYでジャパン・パレード 日米友好盛り上げる

  5. 露軍、渡河失敗で打撃 英国防省が分析