産経抄

食の未来も予測不能 1月6日

 今年中に豊洲市場への移転が実現すれば、築地市場での最後のお祭り騒ぎとなる。昨日の初競りで、青森県大間産の212キロのクロマグロが、7420万円の最高値で競り落とされた。

 ▼4年前の1億5540万円に次ぐ高値といわれても、あまりに常識はずれの値段でピンとこない。よく引き合いに出されるのが、江戸時代後期、文化9(1812)年に日本橋の魚河岸に到着した初鰹(はつがつお)である。

 ▼高級料亭の八百善は2両1分、人気役者、中村歌右衛門は3両、今の金額で27万円も奮発して手に入れ、一座の者に振る舞った。「女房を質に入れても」と初鰹に熱狂する江戸っ子たちも、さすがにあきれていたようだ。

 ▼当時の記録によれば、江戸には食べ物を扱う店が、すでに6000軒以上存在していた。料理本や名店を紹介する本の出版も相次いだ。世界に注目される日本料理は、江戸時代に完成の域に達したといわれている。もっとも江戸がグルメブームに沸く一方、日本各地は何度も大規模な飢饉(ききん)に襲われている。飢えや疫病で、多くの命が失われる悲劇が繰り返されていた。

  1. NHK鈴木奈穂子アナ「あさイチ」ドタバタハプニングを視聴者フォロー「これぞ神回」

  2. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」10月7日OA第5話あらすじ 参加した校外学習で舞(浅田芭路)がケガ、めぐみ(永作博美)は…

  3. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  4. 川口春奈主演「silent」Snow Man目黒蓮の迫真の演技に視聴者号泣「すごいドラマ」「毎週泣く自信ある」

  5. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も