ビッくらぼんの365日・芸人日記(238)

地元の大阪・堺市の地域名をコンビ名にした幼なじみコンビ、八田荘

幼なじみの仲良しコンビ、八田荘の鈴木拓海(左)と岩野達範=東京・神宮前
幼なじみの仲良しコンビ、八田荘の鈴木拓海(左)と岩野達範=東京・神宮前

 八田荘(ワタナベエンターテインメント所属) ★結成・2008年 ★ボケ担当・岩野達範(28) ★ツッコミ担当・鈴木拓海(28)

 正月のあいさつをするのを忘れていたくらぼんです。今年もよろしくお願いします。

 幼稚園から中学まで、ずっと一緒に学んだ同級生コンビ、八田荘。無茶ばかりをする偏屈キャラの岩野に、振り回された鈴木が困ってしまう漫才を展開する。

 --同級生ですね

 鈴木「幼なじみです。幼稚園から中学まで一緒でした」

 岩野「2人とも大阪・堺市八田荘出身で、八田荘幼稚園、八田荘小、八田荘中だったので、コンビ名は八田荘から取りました」

 --ご近所だったということですね。親同士は仲がいいの

 鈴木「母親同士は昔は良かったのですが…」

 岩野「なにがあったのは知らないのですが、コンビを組んでから…」

 --言いにくいことを聞いてすみませんでした。親御さんにお笑いの道へ進むと話したときは

 鈴木「母から『あんたのことを面白いと思ったことは一度もない』と反対されました。今は僕のことを面白いと思ってくれているはず」

 岩野「いや。おまえは、まだ面白くない。それよりも本題ですが、2人とも小学校の文化祭の出し物でコントをやったりしていたので。うちの方は、あっさりOKでした」

 --そしてコンビ結成

 岩野「ではなくて、僕が高校までいっしょだった友達がいまして。僕と、その友人と2人で大阪のお笑い養成所に入所して、翌年『FORCE1』というコンビでデビューしました」

 鈴木「僕は高校卒業後にして就職をしましたが、やはりお笑いがやりたくて1年で退社。ピン芸人になりました」

 岩野「『FORCE1』の相方が芸人をやめたいと言ってきたので、解散しました。そこで、ピンでやっていた鈴木を誘い結成しました」

 鈴木「2012年に、コンビで新しい道を模索するために上京しました」

  1. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  3. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  4. あすの「ちむどんどん」5月26日OA第34話あらすじ 良子は金吾の求婚を受け入れるが、両家の顔合わせで…

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走